メタボリック・シンドロームを防ぐ食生活

メタボリック・シンドロームを防ぐには(食生活)




心得として第一に「腹八分目は医者要らず」という格言があるように食事はゆっくりよく噛んで、腹八分目に心がけることが健康の基本となります。

また、ゆっくりよく噛んでたべることにより血糖値の上昇を緩やかにし、食べすぎを防ぐことができます。
次に、脂肪や糖分の取りすぎに気をつけ、さまざまな食品を取り入れたバランスのよい食事を心がけるようにします。

また、盛り付けを工夫して食べすぎを防ぎ、空腹時の買い物を控え、夕食は夜8時以降は口にしない、間食を控えるなどを心得るようにすればよいでしょう。