メタボリック・シンドロームの診断基準は?

メタボリック・シンドロームの診断基準は?


皮下脂肪型肥満は外見から明らかに肥満と分かるのに対して、内臓脂肪型肥満はぱっと見ただけでは肥満に見えないことがあります。 外見だけでは判断がつかないため、医学会でメタボリック・シンドロームの診断基準をまとめました。

まず、おへその位置のウエスト周囲が「男性85cm以上」、「女性90cm以上」の人が対象となります。
それに加え、
@収縮時血圧130mmHg以上か拡張期血圧85mmHg以上のいずれか、またはいずれも満たすもの

A中性脂肪が150mg/dl以上かHDLコレステロール値が40mg/dl未満のいずれか、またはいずれも満たすもの

B空腹時血糖値110mg/dl以上

この3項目のうち2項目以上が当てはまればメタボリック・シンドロームと診断されます。