メタボリック・シンドロームはどのようにしておこる?

メタボリック・シンドロームはどのようにしておこる?


メタボリック・シンドロームが起こる第一の原因は肥満です。
肥満のタイプには2種類あって、下腹部、腰周り、おしり、太ももなどの下半身の皮膚の下に脂肪がたまるのを「洋ナシ型(皮下脂肪型肥満)」といい比較的男性に多くみられます。
また、おなかが出ていてウエスト周りの太い体型を「リンゴ型(内臓脂肪型肥満)」といい、比較的女性のほうに多くみられます。
どちらの場合も生活習慣病の原因となりますが、メタボリック・シンドロームになりやすいのは「リンゴ型(内臓脂肪型肥満)」の方です。